DRONE 

   S K YSHOT

ドローン撮影

レゴリスのドローン撮影は
様々なお客様から選ばれています
全機体賠償保険加入済
各種申請も取得可能
​撮影以外の用途も可能
制作用途に合った撮影

ドローンでの撮影は一般のカメラでは撮影することができないアングルからの撮影を可能にし、映像の幅を大きく伸ばすことができるようになりました。

しかし、一方で航空法的に様々な規制がありイベントや夜間、150m以上の飛行など様々な規制があります。

​レゴリスではお客様の様々なニーズに対応するために各航空局との綿密な打ち合わせやクライアント様との現場での打ち合わせを行い安全で正確な飛行を行なっています

POINT

上空撮影

ドローンの醍醐味といえばやはり上空からの気持ちのいいアングルでの開放感あふれる撮影です!

ドローンでの撮影を観光PR映像などに使用することで普通の家ですらダイナミックに見えてきます

ヘリでは撮影する事ができない場所をドローンなら間近で撮影をすることもできます。

​鳥の視点に近いドローンで人が足で踏み入れられない場所や見る事ができない魅力をドローンを使って伝えませんか?

F1578A97-4B3A-436E-B24A-0AFF20DBD25D.JPG

工事現場撮影

現場でのドローンを活用した撮影は地上との連携でより円滑な作業を行うことを可能にします。

しかし、現場での作業は非常に綿密な計画が組まれており、作業を中断して撮影を行うことはできません。

​レゴリスでは、関係各所と現場との打ち合わせを綿密に行い作業を中断することなく撮影を円滑に行います。

 
 

プロモーション撮影

プロモーションビデオの訴求力を大幅に向上させる目的としてドローンでの映像の差し込みが多く行われるようになりました。

​通常の撮影に加えて、ドローンでの撮影でダイナミックで訴求力の高い映像を制作してみませんか?

 

屋根上点検

屋根上点検など高所作業で危険を伴う点検などは近年ドローンを使用しての点検が多くなってきています。

ドローンでの点検には高度な操縦技術が必要になり周囲への安全の配慮も最大限に行わなければなりません。

​レゴリスでは飛行時常時最低2人体制で行い安全対策を行なっています。

 

夜間飛行

ドローン飛行の中で最も手続きが必要になる飛行の一つです。

航空局や空港事務所との綿密な打ち合わせを行なっているレゴリスでは最低1ヶ月半前からのご依頼で夜間飛行などの各禁止飛行の許可手続きを行います。

安全面への配慮も必要箇所に配置し、円滑に撮影を行うために必要に応じて道路占有の手続きなども行います。

これら手続きを包括して承ります​。

 

イベント撮影

イベントや不特定多数の人の上空を飛ぶためには国土交通大臣の承認が必要になります。

許可には一般の飛行許可に加えて機体の制限や操縦者の

技量・安全確保体制に関する追加基準が設けられています。

また、レゴリスのドローンは全ての機体に損害賠償保険をかけており、対人対物共に5億円までの保険に加入しています。

​また、クライアントとの綿密な打ち合わせが必要になってくるため地元業者や、レスポンスの良い業者に依頼するのがマストとなってきます。

 

観光PR

PR動画でもご紹介いたしましたが、観光PR動画では見ることのできない角度での撮影を紹介することにより、さらに訪問意欲を高く訴求することが期待できます。

​また、観光PRの場合年間を通じてドローンでのシーン撮影を行うことで四季を通じて地域の魅力を伝えることにより年間を通じてWEB上やSNSでの拡散を行う事ができます。

さらに、同時に上空写真を撮影することにより、ポスターやフライヤー、パンフレットへの活用も可能です。

二宮修正バージョン.jpg
 

花火撮影

花火の撮影は非常許可が難しく、さらに操縦・カメラセッティングの技術も必要になってくる非常に高度な撮影になります。

ですが、空から見る花火は普段見ることのできない絶景として視聴者の心を釘付けにします。

​こちらの撮影は関係各所との連携が非常に複雑なため、早くても2ヶ月前からのお問い合わせをお願いしております。

 

飛行禁止区域の撮影

上記の飛行の制限に加えて、日本の法律では飛行禁止区域というものが定められておりその上空を許可なく飛ばすことは禁止されています。

地方などですと、あまり見られないかもしれませんが、地方都市部では多く存在しており、マンション建設やイベント撮影では引っ掛かる箇所も多くなってくる制限です

​夜間や150m以上の撮影許可ほどは複雑ではありませんが余裕を持ってご相談いただけると納得のいく撮影プランをご提案させていただけます。

 

ドローン教室

レゴリスではトイドローンを使用した小学生を対象としたプログラミング学習講座の申し込みを受け付けております。

講座内容では、教育用ドローンとiPadなどのデバイスを使用してプログラムを組みドローンを指示飛行させることでお子様の考えた思考を現実に起こすというアクションを起こし、動かすときのドキドキ感や失敗した時に原因を再考する力を身につける事ができる学習プログラムです​。

 

事故・災害調査

災害調査や事故調査では迅速かつ機動性が求められる作業です。尚且つ安全性への配慮や救助活動の妨げにならないように迅速に作業をする必要があります。

​消防署との合同訓練にも参加しているレゴリスでは日々改善策を考え、迅速な救助活動が行えるような対策を行い地域貢献の一つとして取り組んでいます。